モビットは、数ある消費者金融の中でも歴史あるカードローンの会社です。

このことから、モビットの指定銀行は三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行のどちらかとなっており、このどちらかの口座をもっていればモビットを利用する際大変便利です。

しかし、大手メガバンクにバックアップされている消費者金融の会社はほとんどないので、この信頼感と安心感は圧倒的でしょう。
モビットの最大のポイントは、金利が平均より低いにもかかわらず、即日融資が可能という点です。消費者金融の金利平均は23.4%と言われておりますが、モビットの金利は4.8~18.0%という低さです。即日融資のカードローン会社はほかにもありますが、この金利で借りられるのはモビットならではと言えるでしょう。

また、即日融資にとって大切なのがその対応の速さですが、モビットの審査は最短10秒で終わります。10秒審査は入力項目が少ないため、あとから電話での申し込み確認がありますが、インターネット上のみで申し込みをすべて完結する方法もあります。これを「WEB完結型申し込み」と言いますが、このサービスの特徴は、申し込みに関する書類を郵送したり電話確認したりすることなく申し込みできるところです。ですので、主婦の方が内緒で融資を受けたい場合はとても便利なサービスといえます。ぜひ利用してみましょう。

※14:50までの振込手続完了が必要です。※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。※10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。

申し込んだその日に融資可能

カードローンを検討されていてお急ぎの用事の方がいたらモビットがおすすめです。モビットなら即日融資が可能です。

モビットは口コミでも評判なほど、申し込みから融資までの対応が早いと評判です。審査はインターネット上では10秒結果表示をうたっていますし、WEB上のみで申し込みを完結させるものでも30分で完了できます。

即日融資を希望するならば、平日であれば、14:50までに振り込み手続きまでを完了すると融資可能です。土日祝日を挟んでしまうと、その分遅くなってしまうので、当日の融資を検討している方は曜日を把握しておくようにしましょう。

また、WEB上のみで申し込みを完結できる「WEB完結型申し込み」からの申し込みであれば、カードレスで融資を受けることが可能です。カードローンはその名の通りカードがないと基本的には融資ができないことになりますが、お急ぎの方向けにモビットはこのようなサービスを用意しているのです。

ただし、「WEB完結型申し込み」には条件が二つあります。三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行のどちらかの本人名義の口座をもっていること・保険証をもっていることの2点です。口座は作らずとも融資を受けることは可能ですが、この指定口座を持っていると自動引き落としを利用することができる上に手数料がかからないので、長期で利用を考えている方は口座を開設した方がお得かもしれません。

自営業の方やフリーター(パート、アルバイトなど安定した収入がある方)の方はもちろん、他社で借り入れている状況の方でも安心して申し込みができます。

ただし、審査を受ける前にインターネット上にある仮審査を受けてみることをおすすめします。審査が不安な方にはとても便利ですし、モビットが掲げる基準が社外秘であるために通らない明確な理由はわからないからです。
カードローン初心者も経験者も、無理なく利用できるようにしましょう。

モビットの金利比較・審査スピード

モビットの金利は他社と比較した場合どの程度の位置にいるでしょうか。
単純に金利の上限を比較した段階だと、モビットはだいたい有名な大手消費者金融のうち、10社中真ん中くらいでしょうか。消費者金融の金利平均が23.4%と言われていますので、その平均より下でモビットを含む大手消費者金融が低金利で争っているというわけです。

しかし、モビットはこの金利で融資最大500万円という高額な上限を提示しています。もちろん、いきなり申し込んでこのような大口ローンを融資してくれる可能性はかなり低いですが、それはどの金融会社でも同じです。銀行から借りようとすると審査に時間もかかる上にこのくらいの高額だと公務員のような安定した職業か一部の高給取りに限られてしまいます。

モビットは他社との借入を1社にまとめたい場合などのおまとめローン※1で大変便利となっております。融資額が高額だと金利は安くて済みますので、モビット自体もおまとめローンを売り出しているということです。(※1おまとめローンという商品はありませんが限度額500万円の頼れるローン。資金使途が自由なのでおまとめ等幅広い使い方が可能です。)

また、返済を延滞することなくコツコツ返済していれば、増額融資の際に金利を下げて融資してくれる可能性が高くなります。増額融資をとくに考えていない場合でも、万が一に備えて金利を安くしてもらえるよう、信頼を得ておくようにしましょう。

また、モビットは10秒結果表示という速さです。10秒結果表示の場合は、のちほど追加で必要情報を入力したり確認の電話を受けたりしなければなりませんが、審査を急いでいる方は大変便利です。

金利だけで見るどの会社が自分にあっているのかわからなくなってしまいがちですが、このように提供しているサービス等を比較して自分が望むローンの形をとっているところが選びどころでしょう。また、審査を受ける前に、公式HPでできる返済シミュレーションをするようにしましょう。実際に自分が融資を受けたい金額に金利を設定すると自動で計算してくれるので総額が把握しやすいです。ぜひこういったサービスを利用しましょう。

借入出来ない場合

モビットで突然借入ができなくなったという状況があるようですが、それはどんな状態を指すのでしょうか。
ある男性はモビットで上限額50万円を融資してもらっていました。しかし、一度どうしてもお金が必要だったので一度上限の50万円まで利用し、それから毎月2万円ずつの返済と余裕ができたらなるべく多めに返すという手段をとっていました。

ところが、またお金が必要になったのでもう一度借入をしようとしたところ、引き出すことができないという状況になったのです。限度額は50万ですし、残りの金額はまだあるはずだと不思議に思いましたが、「限度額まで使ってしまうとそれだけで信用がなくなってしまい、借入ストップにされてしまったのか」と心配になったということです。

限度額まで使用してはいけないことはありません。このケースの場合、延滞等も特にせず毎月コツコツと返しています。そして余裕できたら多めに返すという手段もとっています。ですので、モビット側から借入を断られたと考えるのは非常に可能性が低いわけです。

このケースで盲点なのは手数料です。実はモビットでは口座振替意外ではその分手数料がかかるようになっています。1万円以下なら105円、1万円以上なら210円です。それとは別にATM独自の手数料もありますので、実際に借入できるのは手数料を引いた金額ということになるわけです。このケースの場合は手数料の分を含めずに借入をしようとしていたので、自然と残高不足という形になって借入ができなくなっていたのでしょう。のちに本人が電話で確認したところ、手数料の話が出てきて一件落着したとのことです。

モビットを利用する方でこのような経験をしている方は非常に多く、「一度借り入れたものは全額返済しないと借入することはできないのか」といったような質問がたくさんあるようです。
審査を受ける前にこのような手数料の問題がないかをしっかり確認してから申し込むようにしましょう。

モビットのメリット・デメリット

複数の銀行系カードローンがありますが、どれが好条件・悪条件になるかは人によって違います。ここでは口コミなどをもとに集めたモビットのメリットとデメリットを紹介します。

モビットのメリットはまずサービス内容のわりに金利が安いということでしょう。モビットの金利は4.8~18.0%という比較的低金利です。消費者金融の金利平均が23.4%といわれていますので、この平均をかなり下回っていることがわかります。無利息期間がなくても1~2年利用するということでしたら十分お得な金利となっていると言えます。

また、モビットは申し込みから借入までの時間が短くて済むということもメリットの一つでしょう。モビットは監視審査の結果ならば最短10秒で済ませることができ、当日の14:50までに振り込み手続きを完了させていれば即日の融資も可能です。また、WEB完結型申し込みサービスを使えば、面倒な本人確認の電話や郵送書類のやりとりをすることなく、家族に内緒で申し込みが可能です。しかもカードレスでご利用いただけるので、その後大変便利だと言えます。

反対にデメリットは、モビットの厳しさがそうだと言えるかもしれません。
モビットは、返済が滞納するとその対応は厳しいと言われています。2カ月間うっかり振り込みをし忘れた人が突然簡易裁判所に通達されたという口コミもあるほどです。

滞納があると普通はカードローン会社から催促の電話が入るなどしてから裁判所という手段をとることが多いと言いますので、やはり少し厳しめだと言えるでしょう。また、他社からの借り入れを増やした途端に何の前触れもなく借入ができなくなったという話もありました。返済する能力がないとみなした場合、それなりの対応を用紙しているのかもしれません。

しかし、だからといって他社では返済の延滞をしていいというわけではありません。利用する方は大人として約束事をきちんと守りましょう。

増額融資のコツ

融資を受けている途中で利用限度額を増やすことを増額融資と言います。
モビットなら増額融資が可能です。
特にモビットは他社に比べて融資を増額してもらいやすいと評判です。早くて3カ月、遅くとも半年間コツコツ返済していれば信用を得られ、増額融資の話がくると言われています。

ですが、中には融資を断られてしまったというケースもあります。
もちろん、融資を増額するのはそれなりの信頼性と審査が必要になってきますので、だれしもが受けることができるわけではありませんが、増額するコツがあります。

まず、基本的な「借りた物は期限以内に返す」という姿勢を持ち続けましょう。延滞などを頻繁に繰り返す人よりも、毎月約束を守ってくれる人の方が信用できるのは当然のことです。返済が遅れそうな場合や返済方法を変更したい場合などでも、放置して悪化する前に必ず連絡や相談をしてみるなどの誠意をもった対応をしましょう。

また、最初に登録してある個人情報や勤務先に変更が出た場合、速やかに連絡するようにしましょう。こういった連絡がないと何かあったときに連絡がとりづらくなってその都度探すということになりかねません。放っておけば、増額融資を断られるどころか会社にれんらくしてくるようなこともあるかもしれません。信用度を高めるためにも、自分の連絡先が変更になった場合はこまめに連絡をとるようにしましょう。

さらに、「なるべく早く返済をしようとしています」という姿勢を見せるのも大事なことです。毎月の返済を滞りなくすることはもちろん当然のことですが、余裕が出そうなら数千円でもなるべくこまめに返すという姿勢をとっていると、増額融資の話がしやすくなると言われています。

増額融資は自分から申請してもいいし話が来るのを待っていてもよいですが、必ずしも優良顧客に増額の話がいくとは限らないので、検討している方は申請してみましょう。また、増額しても計画的に利用しましょう。

Myモビについて
モビットを利用すると、会員専用のサービスが受けられます。
この会員専用のサービスを「Myモビ」と呼びますが、モビットを利用する際にすぐに連絡できる用の窓口になります。
その他にも以下のようなサービスがうけられます。

  • 利用状況照会
  • 振込キャッシング利用口座登録・変更
  • 振込キャッシング変更・取り消し
  • ユーザーIDの変更※
  • 登録内容の変更(パソコン以外はメールアドレス変更のみ)
  • 返済シミュレーション※
  • 取引履歴照会(電子領収書に対応しています)※
  • 振込キャッシング申し込み
  • 振込返済口座照会※
  • インターネットパスワードの変更
  • 借入・返済相談※
  • 提携ATM照会※

※印はパソコンからのみ受け付けております。

特に、取引履歴照会にて領収書が発行できるので、ご自宅に領収書などの郵送をしてほしくない方や郵便物の行き違い・盗難・紛失を心配される方にはとても安心してご利用いただけるサービスです。
勤め先の変更や個人情報の変更もここからインターネットを通じて簡単に行うことができます。これから増額融資を考えている方は、登録内容の変更があればすぐに変更しておくよう心がけるとモビット側からの信頼を得て融資を増額してもらえるかもしれませんので、特に電話番号や勤め先などは変更があれば速やかに対処するようにしましょう。

このように、毎月自分でメモなどに控えていなくてもインターネットで自分の借入状況や返済状況が確認できることは大変便利です。
また、インターネットでなくても通話料無料の電話回線である「モビットコールセンター」もありますので、相談をしたいという方はそちらを利用する手もあります。営業時間は9:00~21:00で、携帯電話やスマートフォンからでもご利用いただけます。
たくさんの便利なサービスで返済を滞納しないように工夫されているモビットですが、最終的にすべてを把握しておくのは利用者自身